リズミック・カンフーのトップページへ
Home
本ページはリズミック・カンフーの概要を説明しています.....
リズミック・カンフーのご紹介
ライン

リズミック・カンフー (Rhythmic Kung-fu) は、古代インド・中国以来の悠久の東洋文化に育まれた「武術の粋」と、日本文化としての「武道精神」に、世界の「音楽」が融合し、日本で誕生しました。

1984年10月、東京都新宿区に本部教室が開設されて以来、東京を中心として、首都圏(神奈川、千葉)、さらに札幌に教室を展開し、園児から80代まで、幅広い年代層の人達が愛好しています。



「現代用語の基礎知識 1998年版」より抜粋
                             スポーツ関連  束原昌郎 東京学芸大学教授  1370ページ
「現代用語の基礎知識1998」 表紙 リズミック・カンフー (Rhythmic Kung-fu)
東洋武術であるカンフーの防御・攻撃法、心身鍛錬法をベースとした、現代人の健康のための「生涯フィットネス」。カンフースーツ風のユニフォームに身を包み、座禅での瞑想に始まり、下半身を中心とした緩やかな動きから徐々にビートのきいた音楽に合わせたリズミカルな動きに移り、呼吸法と座禅で終わるまで約1時間30分をかける。姿勢の矯正、正しい身体の使い方の習得、神経の活性化を通じて気力の充実を直接の目的とするが、腰痛や関節障害のほか、血圧の正常化にも効果がある。創案者はリズミック・カンフー本部(電話03-3780-2474)代表の岸俊和(としや)で1980年から開発に取り組み84年から教室を開講している。


ライン


リズミック・カンフーの基本理念
一、 私たちはリズミック・カンフーを通して自身を磨き、広く健全な心身と健全な社会の醸成に意を尽くします。


二、 私たちは音楽に遊び、武士道精神を継承します。


三、 私たちは愛と勇気を源として光陰を歩み、以って和の大本を目指します。

ライン

【リズム】
音楽のリズムはもとより、運動、呼吸、体調、生活、自然、そして宇宙にまで共通する鼓動ともいえます。リズムがくずれると、すべての関係は調和を失い、リズムを調えることで、調和(バランス)が甦ります。
【カンフー】
中国の言葉で「功夫」と書き表します。中国武術の総称として海外にまで広まりましたが、本来の意味は日本語の「工夫」と同じ。その大本は、物事に夢中になって取り組む理想の姿を言います。


リズミック・カンフーの源流
ライン


  東洋に伝わる武術の背景
  リズミック・カンフーの背景
東洋武術の特徴は、西洋の格闘技と比べて、ただ技の向上だけを目的とするのではなく、そのときどきの心と体の関わりに重きを置きます。
日本の武士道が剣術の鍛錬においても「剣禅一如」「心身一如」を唱え、さらに日常生活にまで独自の様式を確立したことは、その顕著な例でしょう。


鶴立両掌底打
1986年国際スポーツフェア
演舞「少林TEMPLE」より
「鶴立両掌底打」




こうした武術の「心と体は本来一つのもの」として磨いていく考え方と、現代社会において強く求められる「心と体の調和」との合い通じるところに私たちは着目しました。
 CD2006
RK SOUND TRIP 2006
(2006年のレッスンで使用)

さらにそこに音楽のエネルギーを融合し、精神の力と肉体の力をより効果的に引出しながら、「身体機能の向上」と「気力の充実」を実現するのがリズミック・カンフーです。



ライン


1984年、リズミック・カンフーが誕生した当時は、ヨガ、太極拳、エアロビクスが日本に普及し始めていた頃で、それら外来のフィットネスに対して、日本の武道を基にしたものとして注目されました。

それまで武道というと、男性が中心のものでしたが、リズミック・カンフーはそこに音楽とファッション性を融合し、女性にとって楽しめる新しいムーブメントとして誕生し、現在に至っています。

昨今、格闘技系のフィットネスが話題になりますが、リズミック・カンフーはその原点ともいえるでしょう。

ライン

特    徴
レッスンの始めと終わりの約5分の座禅を除いて、ストレッチから始まるレッスンの流れは、音楽とそのリズムを体で感じながら動いていきます。
動きの原型の多くは、武術から来ています。一つ一つの動作を、技としての目的をイメージしながら行います。
すべての運動は左右対称に行うように構成されています。
それぞれの運動を「ゆっくり」〜「リズミカルに」まで速さを3〜4段階に分けて行うことで、無理なく動きに慣れ、併せて表層筋から深層筋まで偏りなく活性化します。
体の各部分を別々にトレーニングするのではなく、頭のてっぺんから足先までを統合された一つの運動体としてとらえ、筋肉の緩急」「重心」「呼吸」のバランスを調整していきます。
基本の動きや型に創意工夫を加え、音楽とシンクロさせることで、オリジナリティーの高い演舞を楽しむことが出来ます。


CD2007
RK SOUND TRIP 2007
(2007年のレッスンで使用)



CD2005
RK SOUND TRIP 2005
(2005年のレッスンで使用)

効  果
身体感覚が目覚めてくると、「正しい姿勢」が「楽な姿勢」と感じられるようになり、自然で、美しい姿勢と身のこなしが身につきます。
無理のない姿勢と体の使い方は、日常の偏った生活習慣から来る歪みと諸症状(肩こり、腰痛など)を改善します。
音楽の情感とリズムの中で体を動かすことで、日常の緊張を解き、心まで解放しながら運動を楽しむことが出来ます。
武術としての意義、技の目的を意識しながら体を動かすと、漫然と体を動かすだけでは得られない集中力と、運動効果が得られます。
運動中の呼吸の仕方が分かってくると、体が疲れにくくなります。また、基礎代謝率が高まり、生活習慣病の予防にもつながります。








ライン

「伸ばす」前に、「伸びやすいカラダの状態」にしましょう!

リズミック・カンフーのレッスンでは、座禅の後、次の動作への準備として約15分かけてストレッチを行います。

その中で特に大切にしていることは、
「伸ばす」前に、「伸びやすい体の状態」を作ってあげることです。


足関節・膝・股関節の関節を同時に緩めて、足裏全体をほぐすことで血行を促進します。


ストレッチを行うときの注意ポイント

・体が冷えているときは十分暖めて
・吐く息と一緒に徐々に力を抜いて
・伸ばす時も戻すときもていねいに
・呼吸は止めないようにしましょう
・気持ちもリラックスさせて行います
筋肉は、年齢、体質に関係なく、適切にストレッチをすれば柔らかくなり、しなければ硬くなる性質のものです。

ストレッチの主目的は、硬くなった筋肉の柔軟性を回復させて、狭くなった関節の可動域を広げていきます。
筋肉が硬くなっている場合は、
柔軟性を高めて
筋肉を柔らかくしながら
骨への刺激を、伝わりやすくします。

ストレッチは、次の動作のための準備運動として取り入れたり、
関節の可動域を大きくして運動能力を高めることが可能となります。

体が硬い人でも、その体はやはりストレッチを欲していて、
やり方を少し変えるだけで、無理なく伸ばせるようになります。

ストレッチで得られる一番嬉しいことは、
「自分の体の声を聞く」ことができるようになることでしょう。

今まで感じられなかった部分が感じられるようになる、
前はつらかったところが、だんだん楽になってきたり、
カラダと気持ちが繋がってくると精神的にも安定してきます。





ストレッチを日常の生活に取り入れながら、「しなやかな筋肉」と「丈夫な骨」を目指して、
年齢に負けない「カラダ」を自分のものにしましょう。






ライン

武道がファッションになった!

少林Temple
演舞【少林Temple】より......

ライン

桃源郷
演舞【桃源郷】より.....
桃花拳第七
演舞【桃花拳第七】より.....

獣拳
演舞【獣拳】より.....


ライン

リズミック・カンフーのトップページへ
Home
本ページのトップへ